注目の記事

ピルボックス、同社初の機能性表示食品を上市

sokuhou.jpg

ピルボックスジャパンは4月15日、同社初となる機能性表示食品「整腸のビフィズス菌」を発売する。DgS中心に展開する。


機能性関与成分は、森永乳業が開発した「ビフィズス菌BB536」。「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能が報告されています」との表示で受理された。
(詳しくは「健康産業速報」で)




毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ

関連記事

  1. ネット利用者1億84万人
  2. 学研とマルハニチロがコラボ、機能性表示食品で特別パッケージ
  3. 資生堂の「乾燥肌」対応特保が許可
  4. 健食GMP、輸出時も重要、日建栄協セミナー
  5. ファンケル、記憶力に関与する香り成分発見
  6. 中国から「OEM視察団」来日、受託製造企業にアプローチ
  7. 厚労省、HACCP制度化で意見募集
  8. 機能性表示367品に、エーザイなど初受理
PAGE TOP