注目の記事

ピルボックス、同社初の機能性表示食品を上市

sokuhou.jpg

ピルボックスジャパンは4月15日、同社初となる機能性表示食品「整腸のビフィズス菌」を発売する。DgS中心に展開する。


機能性関与成分は、森永乳業が開発した「ビフィズス菌BB536」。「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能が報告されています」との表示で受理された。
(詳しくは「健康産業速報」で)




毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ

関連記事

  1. アスタリール、アスタキサンチン工場でNSFのGMP取得
  2. 特保、機能性表示食品が圧倒?
  3. 16年通関累計、ハチミツ3割増の4.8万トン
  4. メガネスーパー、アスタキサンチンで健食市場に参入
  5. 都道府県の死亡率、青森県がワースト
  6. 機能性表示、一瞬で伝わるわかりやすさ重要 BASF調査
  7. モノリス、虫草パウダー好調 動物病院の採用200か所突破
  8. 資生堂の「乾燥肌」対応特保が許可
PAGE TOP