注目の記事

ピルボックス、同社初の機能性表示食品を上市

sokuhou.jpg

ピルボックスジャパンは4月15日、同社初となる機能性表示食品「整腸のビフィズス菌」を発売する。DgS中心に展開する。


機能性関与成分は、森永乳業が開発した「ビフィズス菌BB536」。「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能が報告されています」との表示で受理された。
(詳しくは「健康産業速報」で)




毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ

関連記事

  1. 機能性表示730品、日本薬品開発など初受理
  2. 【通関速報】ハチミツ累計数量37%増
  3. 龍泉堂、オニオン・パンプキンエキス末でコーシャ取得
  4. 健康食品の輸出振興懇話会が発足、27日にキックオフセミナー
  5. 米国「食品安全強化法」、来月に新規則義務化
  6. 神戸製鋼グループ、独自ユーグレナのOEM開始 「20年までに20…
  7. 全健協が総会、健食で調査研究実施
  8. 資生堂の「乾燥肌」対応特保が許可
PAGE TOP