注目の記事

ピルボックス、同社初の機能性表示食品を上市

sokuhou.jpg

ピルボックスジャパンは4月15日、同社初となる機能性表示食品「整腸のビフィズス菌」を発売する。DgS中心に展開する。


機能性関与成分は、森永乳業が開発した「ビフィズス菌BB536」。「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能が報告されています」との表示で受理された。
(詳しくは「健康産業速報」で)




毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ

関連記事

  1. 8月に本誌セミナー、食品の知財事情最前線テーマに
  2. コトブキ薬粧、ステビア発酵エキスの供給開始
  3. 成城石井、スーパーフードの売上5倍 新商品投入へ
  4. タカラバイオ、明日葉の安定供給体制を構築 バルク供給開始
  5. 日本粉末薬品、サイリウムで新提案
  6. (株)核酸、植物性の核酸原料供給を強化
  7. 【通関速報】ハチミツ好調、累計数量36%増
  8. 神戸製鋼グループ、独自ユーグレナのOEM開始 「20年までに20…
PAGE TOP