注目の記事

ピルボックス、同社初の機能性表示食品を上市

sokuhou.jpg

ピルボックスジャパンは4月15日、同社初となる機能性表示食品「整腸のビフィズス菌」を発売する。DgS中心に展開する。


機能性関与成分は、森永乳業が開発した「ビフィズス菌BB536」。「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能が報告されています」との表示で受理された。
(詳しくは「健康産業速報」で)




毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ

関連記事

  1. シェフコ、来年8月に新工場
  2. キャタレント、治験関連サービス設備が完成
  3. OTC医薬品協会、会長に杉本雅史氏が再任
  4. マイナスイオン応用フォーラム、ケイ素の健康効果など報告
  5. スーパーフード下半期トレンド予測、1位はレッドフルーツ
  6. 原料原産地表示、「全ての加工食品」対象に
  7. 機能性表示制度、ガイドライン改正へ どうなる遡及適用
  8. 農商工連携で海外販路開拓、経産省が2月にシンポ
PAGE TOP