ヘッドラインニュース

【速報スペシャル】「食品の用途特許」、4月以降OKに

sokuhou.jpg

健康食品企業にとって極めて重要な位置づけにある特許戦略。4月以降、これまで不可とされていた「食品の用途発明」が認められるようになる見通しだ。現行でも「~改善剤」など”特許取得”の原料等は多い。何が変わるのか、特許庁審査第一部調整課審査基準室に話を聞いた。




特許とはそもそも「発明」を保護するもの。産業上利用できる発明であること、新規性があること、進歩性があることーーなど、いくつかの条件をクリアする必要がある。食品でも、従来のものと区別できる場合は「新規性あり」とみなされ、実際に特許を取得したものが存在する。・・・
(詳しくは「健康産業速報 マンスリーレポート2月号」で)



毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ


関連記事

  1. TTC、「健康家族のニンニク健食で更年期症状緩和」と発表
  2. 10年度 景表法措置件数47%増
  3. 厚労省 食薬区分改正案で意見募集
  4. 「栄養表示の義務化」打ち出す
  5. D&B展が開幕、美容・ダイエット商材が集結
  6. 日健栄協、林理事長による新体制発足
  7. 共立女子大・高宮氏、「カカオマスにデトックス効果」
  8. CRN、「自主点検第三者認証」提言
PAGE TOP