ヘッドラインニュース

【速報スペシャル】「食品の用途特許」、4月以降OKに

sokuhou.jpg

健康食品企業にとって極めて重要な位置づけにある特許戦略。4月以降、これまで不可とされていた「食品の用途発明」が認められるようになる見通しだ。現行でも「~改善剤」など”特許取得”の原料等は多い。何が変わるのか、特許庁審査第一部調整課審査基準室に話を聞いた。




特許とはそもそも「発明」を保護するもの。産業上利用できる発明であること、新規性があること、進歩性があることーーなど、いくつかの条件をクリアする必要がある。食品でも、従来のものと区別できる場合は「新規性あり」とみなされ、実際に特許を取得したものが存在する。・・・
(詳しくは「健康産業速報 マンスリーレポート2月号」で)



毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ


関連記事

  1. イソフラボン問題でモニター調査 健食摂取量、8割弱「変化なし」 …
  2. 小林製薬、東洋新薬と合弁会社設立 健食の企画開発
  3. 健康被害起こしたスギ花粉健食、厚労省が医薬品と判定
  4. コジマ、沖縄1号店をオープン 健食販売も
  5. 農水省の「ブランド・ニッポン」開発、健康食品多数
  6. 静岡県、中国製ニセ薬を発見
  7. 国センが注意喚起 血液検査後に健食等販売 医師法違反の疑い事例も…
  8. 食品安全委、大豆イソフラボンのリスク評価結果まとまる
PAGE TOP