ヘッドラインニュース

【速報スペシャル】「食品の用途特許」、4月以降OKに

sokuhou.jpg

健康食品企業にとって極めて重要な位置づけにある特許戦略。4月以降、これまで不可とされていた「食品の用途発明」が認められるようになる見通しだ。現行でも「~改善剤」など”特許取得”の原料等は多い。何が変わるのか、特許庁審査第一部調整課審査基準室に話を聞いた。




特許とはそもそも「発明」を保護するもの。産業上利用できる発明であること、新規性があること、進歩性があることーーなど、いくつかの条件をクリアする必要がある。食品でも、従来のものと区別できる場合は「新規性あり」とみなされ、実際に特許を取得したものが存在する。・・・
(詳しくは「健康産業速報 マンスリーレポート2月号」で)



毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ


関連記事

  1. 特保早くも650品に、4ヵ月で約50品許可
  2. ハーブ絶滅危惧リストに「フーディア」「イチョウ」等
  3. 【号外】消費者庁 健食表示検討会が終了  「取り締まり指針」作成…
  4. 公取委、ダイエット食品で排除命令
  5. ローヤルゼリー特保、「安全性問題なし」 いよいよ許可へ
  6. 改正特商法 まもなく施行1ヵ月
  7. 台湾産健食からステロイド検出、岐阜県で健康被害発生
  8. エグゼクティブ会議、29日に初会合
PAGE TOP