注目の記事

「原料原産地表示」制度に批判も、来春めどにパブコメ

農林水産省と消費者庁は21日、都内で加工食品の原料原産地表示制度の中間取りまとめに関する説明会を開催した。


午前と午後で2回行われ、計約600人が参加。参加者からは細則についての具体的質問があり、制度への批判も飛んだ。
中間取りまとめは、健康食品・サプリメントを含むすべての加工食品を対象に、・・・

(詳しくは12月22日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. カゴメ、FiNCと業務提携 健康食品の開発も
  2. エルビー、アンファーとコラボ ヘアケア訴求のプロテイン飲料
  3. DgSの健食販売額、6月は6.6%増
  4. サンリツ、製品中の栄養素測定サービス開始
  5. 機能性表示、「病者データ使用できない」75%が問題視
  6. DIC、スピルリナ青色素の生産能力増強 13億円投資
  7. ポイントピュール、海洋性植物乳酸菌で健食に参入
  8. 消費者庁等、健康食品で意見交換会 1月に徳島で
PAGE TOP