注目の記事

「原料原産地表示」制度に批判も、来春めどにパブコメ

農林水産省と消費者庁は21日、都内で加工食品の原料原産地表示制度の中間取りまとめに関する説明会を開催した。


午前と午後で2回行われ、計約600人が参加。参加者からは細則についての具体的質問があり、制度への批判も飛んだ。
中間取りまとめは、健康食品・サプリメントを含むすべての加工食品を対象に、・・・

(詳しくは12月22日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. 富士フィルムの機能性表示食品、販売数量が計画の倍以上
  2. アサヒグループHD、微生物摂取で軟便者の胃腸改善
  3. 機能性表示823品、備前化成が2陽菜目の受理
  4. 機能性表示3品受理、計226品に
  5. アンチドーピング認証のLGC、「JADAと協力する準備ある」
  6. オフィス緑化で健康経営「COMORE BIZ」
  7. 協同乳業、水素産生する乳飲料を上市 「売上5億円目指す」
  8. 韓国の更年期向けハーブ、EU新規食品で「安全」
PAGE TOP