注目の記事

「原料原産地表示」制度に批判も、来春めどにパブコメ

農林水産省と消費者庁は21日、都内で加工食品の原料原産地表示制度の中間取りまとめに関する説明会を開催した。


午前と午後で2回行われ、計約600人が参加。参加者からは細則についての具体的質問があり、制度への批判も飛んだ。
中間取りまとめは、健康食品・サプリメントを含むすべての加工食品を対象に、・・・

(詳しくは12月22日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. 健増法の監視指導指針、改正案を一部修正 近々にも公表
  2. 容器包装、段階的にポジティブリスト制度導入へ
  3. ニッコールグループ、スクワラン事業で米企業と合弁会社
  4. キューピー、酢酸菌酵素配合のサプリ上市
  5. 特保、機能性表示食品が圧倒?
  6. 美容商材のビューティガレージ、鍼灸接骨院展開のアトラと業務提携
  7. 化粧品受託企業、下半期は「水素」に注目
  8. セシール、肝臓エキスサプリなど発売
PAGE TOP