注目の記事

特保取消の日本サプリメントに課徴金、計5471万円

消費者庁は7日、関与成分が特定できないことが判明したまま特保を販売していた日本サプリメントに対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令を出したと発表した。課徴金額はケイ5471万円。日本サプリメントの特保問題では、昨年9月に6品の許可が取り消された。さらに今年2月には景表法に基づく措置命令が行われている。今回課徴金納付命令の対象となったのは・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 成城石井、スーパーフードの売上5倍 新商品投入へ
  2. 特保批判の週刊誌報道、有効性審査には「影響ない」
  3. 特保6品許可も総数は減少、「失効」は86品に
  4. 機能性表示、「ミカン」受理 総数500品目前に
  5. エステのサプリ販売で紛争、都の救済委員会が解決
  6. タマ生化学、「ツバメの巣エキス」供給を本格化
  7. 石川県立大、発酵食由来の乳酸菌で地方創生
  8. 食品安全委、「葉酸特保」で意見募集
PAGE TOP