注目の記事

特保取消の日本サプリメントに課徴金、計5471万円

消費者庁は7日、関与成分が特定できないことが判明したまま特保を販売していた日本サプリメントに対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令を出したと発表した。課徴金額はケイ5471万円。日本サプリメントの特保問題では、昨年9月に6品の許可が取り消された。さらに今年2月には景表法に基づく措置命令が行われている。今回課徴金納付命令の対象となったのは・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 特保・機能性表示への監視、より厳しく
  2. 日健栄協、機能性農産物活用でセミナー 全国12地域で
  3. アサヒグループHD、「乳酸菌と免疫」の関連で新知見
  4. 国セン、機能性表示食品制度で宿泊セミナー
  5. 米ナチュラルプロダクツのアワード、プロテオグリカン受賞
  6. オフィス緑化で健康経営「COMORE BIZ」
  7. 機能性表示食品、350品到達
  8. 機能性表示食品、認知率約50%
PAGE TOP