健康産業オンライン

【健産抄】高齢者がジム経営を圧迫?若者集客に24時間

地元のジムが24時間営業を始め、スタジオの改装が始まった。どんな人が24時間(正確には夜10時から朝10時までの会員)を利用するのか?「夜中に運動するなんて体壊さないかな」とおじさん達。ヨガやエアロのスタジオは狭くなり、不満も相次いでいる。


先頃公表された「レジャー白書」の扱いについての編集会議でこの話を披露すると「高齢者は利用率が高く、ジムには採算上、痛し痒しなんです。先もないしー、若い人が欲しいけれど、なかなか誘い込めない。24時間の利用は、採算以上に若い人の集客が目的、ジムを卒業した人が、自分のメニューで体力作りをするのにいい。価格も安いし、マイペースで」と。

確かにジムの平均年齢も60近い。元気な高齢者が増えて、弁当持参の強者?も少なくないが、運営側はニコニコして迎えるものの、経営的には困った人なのかもしれない。施設産業は投資が大きく、先を見ているという点では、健康食品業界も考えなくてはならない。今はいいのだけれど。(了)

【健産抄】人工知能の脅威 雇用を奪うか、GDPに貢献か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. ビタミンC輸入量、2 割増で過去最高 -輸入通関統計速報-
  2. 健康産業新聞 企業ニュース
  3. 全日本健康自然食品協会、2018賀詞交歓会

企業ニュース

  1. 明治、家庭用マーガリン全製品で「トランス脂肪酸」削減へ
  2. 【連載】「機能性表示食品」受理企業の戦略 -㈱ユーキャン サプリメント『快腸肌潤』-
  3. 丸善製薬、ヒハツ抽出物のTie2活性化で特許取得

特集

  1. 酵素・酵母食品、市場は540億円
  2. ゴマ1粒に1%、抗酸化物“リグナン” サプリ、製菓類、スムージー、外食向けなど多用途で採用進む
  3. 健康産業新聞1636_26霊芝
PAGE TOP