特集

【特集】乳酸菌・ビフィズス菌・乳酸菌生産物質~一億総乳酸菌時代、食品業界に押し寄せる乳酸菌の大波~

健康を左右するキーワードとして近年注目を集める腸内フローラ。いまや国民のほとんどが自分の腸内環境に関心を寄せ、ヨーグルトや飲料、発酵食品やサプリメントといった“腸内環境改善に良い食べ物”を積極的に摂取する傾向に。その中心にあるのが乳酸菌やビフィズス菌で、民間の調査会社が行った消費者調査では9割以上が何らかのかたちで乳酸菌やビフィズス菌の摂取経験があり、「腸内環境の改善には、乳酸菌・ビフィズス菌が有効」という認識が広まっている。


◆「腸は第二の脳」健康寿命のカギを握る腸内フローラ

健康増進における重要なキーワードとしてマスコミで取り上げられ、いまや国民の一大関心事となった腸内フローラ。腸内細菌のバランスが崩れると便通に影響することはもちろん、肥満や糖尿病などの生活習慣病リスクが高まるほか、脳機能の低下やうつ状態を引き起こす要因とされ、健康寿命を大きく左右する要素として認知されはじめている。腸が重要な役割を果たすのは近年の研究でも明らかで、最近では…

◆腸内フローラ改善に有用菌の摂取を”乳酸菌・ビフィズス菌”

メチニコフのヨーグルト不老長寿説から100余年。遡ればパスツールの乳酸菌発見から微生物研究、特に乳酸菌の有用性や生理学的な研究が進み、生理活性や機能性が多くの研究者によって明らかにされてきた。近年、腸内フローラを良化する素材として…

健康産業新聞10月4日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. CRN基金、健康食品の広告適正化へ73万ドル
  2. 健食ネット通販支出、10ヵ月連続の2桁増
  3. 「Care Show Japan 2018」注目セミナー

企業ニュース

  1. インフルエンザ、アトピー対策など ユーグレナのエビデンス拡充へ

特集

PAGE TOP