行政・業界ニュース

日健栄協新年会に約300人

公益財団法人日本健康・栄養食品協会は先月25日、都内ホテルで新春賀詞交歓会を開催、約300人が参加した。山東昭子会長の主催者挨拶に続き、2017年度日本健康・栄養食品協会賞の表彰式が行われた。

日健栄協、山東昭子会長(左)、下田智久理事長(右)

山東昭子会長(左)、下田智久理事長(右)

認定健康食品(JHFA)部門ではスノーデン㈱、日本薬品開発㈱、安全性自主点検認証部門では㈱エバーライフが表彰された。また前安全性自主点検審査委員長の小野宏氏、前健康食品認定審査委員長の石井健二氏が特別表彰を受けた。

来賓挨拶を行った消費者庁食品表示企画課長の赤暢彦氏は、機能性表示食品が制度スタートから間もなく3年となり、「改善点があると思っている」と指摘。できる限りの見直しを検討していきたいと話した。現場の声も踏まえつつ、消費者にとっても使い勝手の良い制度になるよう取り組んでいきたいとした。

厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全審議官の宇都宮啓氏は、食品衛生法の改正について説明。「国際的標準との整合性が強く求められている……

ウェブでは一部を公開しています。全文は「健康産業新聞」紙面(1637号)で

プエラリア問題に基づく健康食品対策については、国民生活センターに被害情報が寄せられたが、厚労省への情報はほ
とんどなかったことを説明。自治体を通じた調査で200件以上の情報が得られたものの、「国に被害報告があがってくる制度が必要」とした。ただ被害報告は、消費者の勘違いや、アレルギー情報などもあり、「本当に因果関係があるのかを精査しなければならない」……

ウェブでは一部を公開。記事は「健康産業新聞 1637号」に掲載しています。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50ページ)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・日健栄協、今年度運営方針発表
・セミナーレポート「健康被害の申出、その時どうする―厚労省が対応強化へ、消費者サイドとあるべき対応を探る―」JADMA サプリ塾
・食衛生改正「骨子案」で意見募集 業界団体の役割は何か? 健食成分規制、検討対象はホルモン様作用成分など
・機能性表示食品で課徴金 9社に1億1,000万円売上総額約37億円

行政・業界ニュース

  1. 食品開発展2018b
  2. 機能性表示食品開発ガイド2018健康産業新聞

企業ニュース

  1. 健康産業新聞165406aアピ
  2. 健康産業新聞1653アピ野々垣社長
  3. 健康産業新聞165305cイヌリン

特集

  1. 健康産業新聞163538人参
  2. 健康産業新聞1653乳酸菌d
  3. 健康産業新聞165240ヘアケアb
PAGE TOP