行政・業界ニュース

機能性表示食品で課徴金 9社に1億1,000万円売上総額約37億円

消費者庁は先月19日、機能性表示食品の販売に当たり届出表示を逸脱した広告を行っていたとして、昨年11月に景品表示法に基づく措置命令を出した16社のうち9社に、同法に基づく課徴金納付命令を出した。

消費者庁は昨年11月7日、葛の花由来イソフラボンを含む機能性表示食品を販売していた16社に、景表法に基づく措置命令を出した。機能性表示食品としての届出内容に問題はなかったが、届出範囲を超えたダイエット表示があったとして再発防止などを求めた。

今回の課徴金納付命令はこのうち9社に対して実施。これらの著しいダイエット表示など、課徴金の対象行為をしていたとみなした。なお16社のうち12社は、昨年11月の措置命令時、すでに消費者に対する「誤認排除措置」を講じていたが、このうち8社が課徴金納付命令を受けた。消費者庁が算出した課徴金対象期間の売上総額は約37億円。課徴金額の算定は、対象商品・役務の売上額の3%。事業者が「相当の注意を怠った者でない」と認められるときや、課徴金額が150万円未満となる場合などは課徴金を賦課しないこととしている。また企業が返金措置を行った場合……

ウェブでは一部を公開。記事は「健康産業新聞 1637号」に掲載しています。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50ページ)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・消費者庁、機能性表示食品でQ&A
・【健康産業新聞】インタビュー 消費者庁食品表示企画課長赤崎暢彦氏
・消費者庁、1万人対象の消費者調査 機能性表示食品、摂取経験23%
・【特集】食品CRO/SR作成・届出支援 消費者庁報告書、SRに課題?”質の高いSR”とは?
・【新連載】健康産業の広告規制の現状と対策(薬機法・景表法・健康増進法・特商法) -弁護士 成 眞海氏

行政・業界ニュース

  1. 食品開発展2018b
  2. 機能性表示食品開発ガイド2018健康産業新聞

企業ニュース

  1. 健康産業新聞165406aアピ
  2. 健康産業新聞1653アピ野々垣社長
  3. 健康産業新聞165305cイヌリン

特集

  1. 健康産業新聞163538人参
  2. 健康産業新聞1653乳酸菌d
  3. 健康産業新聞165240ヘアケアb
PAGE TOP