未分類

たん白・ペプチド素材の市場動向

たん白は栄養成分として重要な役割を果たしているのはもちろんだが、食品を加工する際にも様々な場面で利用されている。栄養面を生かした利用としては、飲料や栄養補助食品などの新分野が築かれ、定着傾向を示す。また一方の食品加工面でも各素材の持つ結着性や発泡性、乳化性などの物性面での利用が進み、市場拡大を支えている。
たん白の機能をより向上させ、付加価値を高めたペプチドはその吸収性と生理機能が明らかになり、機能性素材としての利用が増加。特定保健用食品の関与成分として評価されているものも数々あり、今後の需要拡大が期待されている。
本稿では、たん白・ペプチド素材の利用状況と動きを探っていく。


●注目のたん白・ペプチド素材企業1
・アーラフーズイングレディエンツジャパン
伊藤ハム
オルガノ
キユーピー
・光洋商会
仙味エキス
日清ファルマ
新田ゼラチン
・日本NZMP

●注目のたん白・ペプチド素材企業2
日本ハム
不二製油
フジプロテインテクノロジー
焼津水産化学工業
・ユニテックフーズ
・協同乳業

関連記事

  1. 時代ニーズを反映した誌面づくりを目指して
  2. ビタミンの最新市場動向
  3. クローズアップ
  4. 【連載】ニュートリゲノミクスの新展開
  5. 【素材レポ】フラバンジェノールのメタボリックシンドロームに対する…
  6. 有機酸の市場動向
  7. 新しい食品開発の流れはここから、第18回食品開発展開催!
  8. 【素材レポ】カンカエキスのマウスリンパ細胞機能に及ぼす影響

おすすめリンク先

PAGE TOP