未分類

【健康素材】プロポリス・ローヤルゼりーの最新市場動向

健康素材の代表格ともいえる蜂産品の中でも「ローヤルゼりー」については、アンチエイジング・美容訴求の素材として安定した市場を築いており、その知名度を背景に高付加価値品から一般食品まで、製品形態の多様化が進んでいる。
一方「プロポリス」は、抗菌性・免疫活性訴求で市場が形成されているが、ここ数年の抗腫瘍訴求品の規制強化を受け、市場の低迷が続いていた。その状況が今春からインフルエンザ対策商品の流れの中で一変し、需要が活発化している。
本稿では、「プロポリス」「ローヤルゼりー」を中心に蜂産品の最新市場動向・開発動向をまとめ、今後の展望を探る。


<主な蜂産品サプライヤー>
ローヤルゼりーのOEMや、様々なタイプのプロポリスを揃える総合受託企業
アピ
有効成分の抽出にこだわり、代替医療でのプロポリス利用を広げる
日本自然療法
水溶化プロポリスに加え、新製品の発酵ローヤルゼりーが注目される
森川健康堂

関連記事

  1. 生産管理ソリューションとトレーサビリティシステム
  2. ゲル化・増粘安定剤の市場動向
  3. 素材レポート ライテス(ポリデキストロース)
  4. ●スローフードをもう一度
  5. 【1月号連載】三拍子戦略を基本とした沖縄産健康食品のブランド力強…
  6. 健康食品の市場動向と素材・技術研究
  7. 【12月号】高付価値化と環境対策で用途拡がる乾燥技術
  8. 機能性表示食品の発売動向を追う(42)機能性表示食品の届出・受理…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP