未分類

日清製粉グループ、青大豆の抗アレルギー作用を証明

 日清製粉グループ本社とグループ会社の日清ファルマは、静岡県立大学との共同でアレルギー症状の軽減・予防効果を有する食品の開発を目的とし、豆類および雑穀70サンプルの中から、アレルギー緩和作用の指標になるTh1/TH2バランスの改善作用を有する機能性食品素材の探索をin vitro試験で行った。

 その結果、青大豆(エチゴミドリ)のアルコール抽出物および熱水抽出物にTh1/TH2バランス改善に効果を及ぼす可能性が示唆された。さらに、エチゴミドリの熱水抽出物は、アレルギーマウスを用いた動物実験にて、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患マーカーである血液中のIgE値の上昇を抑制しアレルギー症状を軽減させる機能性食品素材であると結論付けた。

関連記事

  1. 【8月号】ロス削減と見直しが進む鮮度保持技術
  2. 【支援技術】高機能食品製造用途とサニタリー化進む粉粒体技術
  3. 高機能化する粉砕・造粒・乾燥技術
  4. 【11月号】ニーズが高まる肝機能改善素材
  5. 健康食品10兆円市場へ、新トクホ制度は追い風に
  6. クローズアップ
  7. 日持向上剤・保存料の市場動向
  8. 【支援技術】食品工場の清浄化とエアコントロール

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP