未分類

日清製粉グループ、青大豆の抗アレルギー作用を証明

 日清製粉グループ本社とグループ会社の日清ファルマは、静岡県立大学との共同でアレルギー症状の軽減・予防効果を有する食品の開発を目的とし、豆類および雑穀70サンプルの中から、アレルギー緩和作用の指標になるTh1/TH2バランスの改善作用を有する機能性食品素材の探索をin vitro試験で行った。

 その結果、青大豆(エチゴミドリ)のアルコール抽出物および熱水抽出物にTh1/TH2バランス改善に効果を及ぼす可能性が示唆された。さらに、エチゴミドリの熱水抽出物は、アレルギーマウスを用いた動物実験にて、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患マーカーである血液中のIgE値の上昇を抑制しアレルギー症状を軽減させる機能性食品素材であると結論付けた。

関連記事

  1. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ2
  2. 品質管理のための水分活性・pH測定計
  3. 【支援技術】食品業界における環境対策イノベーションの最新動向
  4. 定期広告出稿企業の紹介とリンク
  5. 東洋新薬、仏トゥールーズ理工科学院との共同研究開始
  6. 【N-tec】錠剤・カプセルのための添加剤と加工技術
  7. 品質管理に欠かせない酸素濃度モニタリング
  8. 【分析・計測】抗酸化能測定のための簡易迅速法

おすすめリンク先

PAGE TOP