未分類

【市場動向】多量・微量ミネラル素材の市場動向

平成22年度から5年間使用する厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)では、それまで「目安量」「目標量」が設定されていたカルシウムが「推奨量」に変更され、摂取量のさらなる増加が目指されることとなった。


ここのところ大きな市場変化のないミネラルだが、中高年層の骨粗鬆症予防や、食生活の乱れからくるミネラル摂取不足など、ミネラル摂取の必要性は高まるばかりだ。本稿では各種ミネラル素材についての市場動向を探る。
<主なミネラル素材サプライヤー>
●カルシウム
エヌ・シー・コーポレーション
カワイマテリアル
白石カルシウム
ピューラック・ジャパン
武蔵野化学研究所
●マグネシウム
協和発酵バイオ
協和化学工業
太平化学産業
三菱化学フーズ
明王物産
明治フードマテリア
●鉄
一丸ファルコス
エーザイフード・ケミカル
太陽化学
富田製薬
日本バイオコン
●微量ミネラル
エル・エスコーポレーション
セティ
扶桑化学工業
●減塩素材
小川香料

関連記事

  1. 特別用途食品の制度見直しは医療費削減に繋がるか
  2. 【市場動向】シュガーレス・低カロリー食品と素材の最新動向
  3. 【素材レポ】グリスリンのインスリン抵抗性改善作用
  4. 【8月号】食品工場におけると臭気対策とエアコントロール
  5. 【健康素材シリーズ】酵母、植物由来β-グルカン素材の動向
  6. 【健康素材】脳機能を高める注目の素材
  7. 新素材レポート
  8. 洗浄除菌剤と関連資材・モニタリング機器の開発動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP