未分類

【11月号】注目のフレーバーと2011年への提案

 食品の風味付けやおいしさの演出にフレーバーは欠かせない。サプライヤーは多様化するニーズに対応すべく、新フレーバーの紹介、ナチュラル感の再現、加工適性に優れたフレーバーなどの提案を常に行っている。近頃の食品市場は大きなヒット商品が出にくい市場と言われ、新製品の特徴づけも難しくなっている。


 また、“ゼロ系・フリー系製品”でのボディ感付与や、機能性素材のマスキング、塩味エンハンサーなど、フレーバーの種類だけでなく機能性を持ったフレーバーも求められており、フレーバーの重要性はますます高まる傾向にある。本稿では最近の飲料・食品市場の動向をみるとともに、フレーバーサプライヤーへのアンケートを通し、来年に向けた提案フレーバーをまとめながら、各社の特徴を紹介していく。

<主なフレーバーサプライヤー>

ヴィルドジャパン
小川香料
コーケン香料
小林香料
サンアロマ
三栄源エフ・エフ・アイ
塩野香料
曽田香料
大洋香料
高砂香料工業
高田香料
長岡香料
長谷川香料
横山香料

関連記事

  1. ガニアシに抗インフルエンザ効果
  2. 【支援技術】製造プロセスおよび環境対策で用途拡がる分離・ろ過技術…
  3. 食品色素の市場動向
  4. 【新技術レポ】スプレードライヤーの基礎知識と熱風乾燥理論の活用法…
  5. 温度管理技術の最新動向
  6. 日清製粉グループ、青大豆の抗アレルギー作用を証明
  7. CLOSE UP
  8. クローズアップ

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP