未分類

【12月】製剤化のための添加剤と開発と利用

 錠剤・カプセルなどの形状が早くから食品の形状として認められていた米国では、食生活の中に錠剤・カプセルが根付いているが、わが国では永年、薬事法の監視のもと医薬品的な形状は食品としては認められておらず、規制も厳しかった。


 このような状況が01年の「医薬品の範囲に関する基準」の改正後変わり、「食品」である旨が明示されている場合、錠剤、丸剤はもちろん、ソフトカプセル、ハードカプセルの利用も自由になり、実質上の形状規制がなくなった(アンプル形状除く)。

<主なサプライヤー>

●賦形剤
旭化成ケミカルズ
光洋商会
日本曹達
フロイント産業
●コーティング素材
フロイント産業
小林香料
●滑沢剤
三菱化学フーズ
フロイント産業
セティ
●その他
・食べておいしいカプセルシリーズ「グミキャップ」を提案
三生医薬
・水溶化・分散化など独自技術で素材を加工し商品開発をサポート
横浜油脂工業

関連記事

  1. 平成14年国民栄養調査、微量栄養素の欠乏にどう対処するのか
  2. NEWS ARCHIVES
  3. 国境を越えたリスクにどう対処するのか
  4. 【4月号】生産プロセスから環境対策まで用途拡がる分離・ろ過技術
  5. 簡易・迅速微生物検査技術の開発動向2
  6. 【健康素材】海藻由来機能性素材の開発と利用
  7. CLOSE UP
  8. 機能性表示食品の発売動向を追う(40)機能性表示食品の届出・受理…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP