未分類

【2月号】食品加工用酵素の市場動向

 食品用の主用酵素の需要は、ここ数年大きな動きがなかったが、世界的に穀物原料や乳原料の供給が不安定な状況の中で、国産原材料の有効利用や製品の歩留まり向上・品質改良技術として見直しが進み、GMO酵素も原料問題を機に動きが出てきた。


 また、ここへきて酵素メーカーと製剤メーカーのコラボの動きも活発化し、ユーザーの用途にあわせた使い易いアプリケーション開発の動きが、今後の食品開発に重要な役割を果たしていくものとみられる。




<主なサプライヤー>

●酵素による歩留まり向上・品質改良
味の素
天野エンザイム
エイチビィアイ
ケリー・ジャパン
新日本化学工業
タイショーテクノス
ダニスコジャパン
DSMジャパン フードスペシャリティ事業部
ノボザイムズジャパン
三菱化学フーズ

●飲料原料の歩留まり向上
三菱化学フーズ
ヤクルト薬品工業

●酵素を用いた機能性素材開発
エイチビィアイ
科研ファルマ
ジェネンコア協和
ヤクルト薬品工業

●酵素による安全性・環境への対応
ジェネンコア協和
DSMジャパン フードスペシャリティ事業部


関連記事

  1. 【品質・安全】食品表示ミスを防ぎ適正表示をするためのサポートツー…
  2. ポジティブリスト制に向けた残留農薬の一斉分析受託試験サービス
  3. 編集部から
  4. HiEにみる日米欧の健康素材市場、類似点と相違点
  5. 注目のα-リポ酸 ―ダイエット・美容で急伸長する市場の影で
  6. 【品質・安全】ATPふき取り検査法の最新動向
  7. オゾンによる殺菌・消臭作用の利用技術
  8. 食品開発展、アジア最大規模の展示会に

おすすめリンク先

PAGE TOP