未分類

【2月号】食品の有用性・安全性受託試験の動向

 昨年夏に生じたエコナ問題とその後のトクホ表示の消費庁への移管で、トクホ審査も一時滞り、そのうえトクホ制度見直しの議論の中で、トクホ申請のための試験依頼は数年前のような勢いはない。それに対し、規模は小さいながらも健康食品、機能性素材の有効性・安全性のエビデンス取得のための試験依頼は活発で数では着実に増えてきている。

<主な内容>

【受託試験機関の動向】
日本バイオリサーチ
岩瀬コスファ
エスカルラボラトリーズ
TTC
イナリサーチ
【DNAマイクロアレイ解析】
三菱レイヨン
【分析用周辺装置】
レッチェ


関連記事

  1. 食品産業における分離・濾過技術
  2. 【11月号】フレーバー 今年の注目点と2012年への提案
  3. ブランド・ニッポンを試食したが・・・
  4. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ5
  5. CLOSE UP
  6. グローバル化する食品素材ビジネスを実感
  7. 【品質安全】食品安全性検査の受託試験サービス
  8. 健康・天然志向で注目される野菜・果実原料

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP