未分類

【市場動向】ポリフェノール食品・素材の市場動向

近年、ポリフェノールに関する研究が多方面から進められており、健康に果たす役割がクローズアップされている。その機能はガン、心疾患、老化などの原因となる活性酸素消去能をはじめ、抗アレルギー、美白、その他生体調節作用など多岐に渡る。さらに昨年11月に英科学誌「Nature」にレスベラトロールによるマウスの寿命延長効果が掲載されたことで、あらためてポリフェノールの健康への有用性が注目されることとなった。


<主なサプライヤー>
エーザイフード・ケミカル
オリザ油化
キッコーマン
クレオ・インターナショナル
研光通商
新日本薬業
セティ
太陽化学
タマ生化学
DSMニュートリションジャパン
東洋精糖
東洋発酵
常磐植物化学研究所
トレードピア
長岡香料
備前化成
丸善薬品産業
丸善製薬
三井製糖
明治フードマテリア

関連記事

  1. 【食工展企画】FOOMA JAPAN 2009 国際食品工業展
  2. 【支援技術】食品産業における殺菌技術と装置開発
  3. 【9月号】スーパーフルーツ素材の市場動向
  4. 【連載】産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品…
  5. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う(愛媛…
  6. 【素材レポ】注目の抗酸化素材“リンゴポリフェノール”
  7. 【市場動向】多価不飽和脂肪酸(PUFA)素材の市場動向
  8. 食物繊維素材の最新利用動向

おすすめリンク先

PAGE TOP