未分類

【分析計測】抗酸化能測定のための簡易迅速法

~抗酸化能指標統一化の動きと測定装置・キット・サービス~


近年、ヒトの老化や生活習慣病に体内で発生する活性酸素(フリーラジカル)等の酸化ストレスが関与することが明らかになってきた。そのため、食品成分による酸化ストレスの防止や抑制の観点から、抗酸化成分(老化と病気の原因の90%に関係しているといわれる活性酸素を抑制・除去する物質)の評価・測定等が行われるようになってきた。
それにともない、食品開発における新たな訴求機能としても抗酸化能は注目されるようになり、抗酸化能の測定・評価のための装置・試薬、試験機関などが脚光を浴びるようになってきている。本稿では、重要性高まる抗酸化力の検討と簡便化・高精度化が進む抗酸化能測定のための装置・資材の動向をみていく。
【注目の抗酸化能測定装置・キット・サービス提供企業】
アトー
アロカ
ウィスマー研究所
バイオラジカル研究所

関連記事

  1. 食品産業における異物混入対策
  2. 素材レポート ALIPURE(α-リポ酸)の運動に及ぼす影響
  3. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ5
  4. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う
  5. 【素材レポ】機能性穀物粉の特性と加工食品への応用
  6. 【市場動向】食用塩の市場動向
  7. 【健康素材】抗ストレス食品・素材の市場動向
  8. CLOSE UP

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP