未分類

味・匂いのセンシング

食品の味・匂いは、おいしさを構成する主要因で、品質をチェックする折の重要なファクターである。これまで、味・匂いの評価は主に人の官能によって行われていたが、これを客観的に評価していくための技術の開発が近年のセンシング技術とコンピュータ解析技術の進展により行われている。
本稿では食品の品質管理上欠かせない、味・匂いのセンシング技術についてみていく。
(主な内容)
■官性工学分野の研究の進展
■味覚計測技術開発

■味覚センサの開発と応用

■匂い計測技術開発の進歩

■匂いセンサの開発と応用


●注目の匂いセンサ・識別装置
プライムテック
島津製作所
・テクノシグマ

●付加価値の高い乾燥装置
インテリジェントセンサーテクノロジー
プライムテック

関連記事

  1. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ1
  2. 【市場動向】プロバイオティクス・プレバイオティクス素材の動向
  3. 【1月号】食品業界で進展する環境対策イノベーション
  4. 【品質・安全】鮮度保持に欠かせない解凍技術の最新動向
  5. 【市場動向】天然調味料市場の最新動向
  6. 食品機械用潤滑剤の利用動向
  7. 【健康素材】関節サポート素材、新たなステージへ
  8. 【市場動向】食品加工用酵素の市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP