未分類

味・匂いのセンシング

食品の味・匂いは、おいしさを構成する主要因で、品質をチェックする折の重要なファクターである。これまで、味・匂いの評価は主に人の官能によって行われていたが、これを客観的に評価していくための技術の開発が近年のセンシング技術とコンピュータ解析技術の進展により行われている。
本稿では食品の品質管理上欠かせない、味・匂いのセンシング技術についてみていく。
(主な内容)
■官性工学分野の研究の進展
■味覚計測技術開発

■味覚センサの開発と応用

■匂い計測技術開発の進歩

■匂いセンサの開発と応用


●注目の匂いセンサ・識別装置
プライムテック
島津製作所
・テクノシグマ

●付加価値の高い乾燥装置
インテリジェントセンサーテクノロジー
プライムテック

関連記事

  1. 製品回収と詫び広告が免罪符になっていないか
  2. 【11月号】動き出したGFSI承認食品安全マネジメントシステム
  3. ブランド・ニッポンを試食したが・・・
  4. 【品質管理レポ】食品産業におけるオンラインモニタリングセンサの技…
  5. クローズアップ
  6. 【寄稿】薬用キノコ・チャーガの機能
  7. 食品分野における水分測定技術の最新動向
  8. 【4月号】生産プロセスから環境対策まで用途拡がる分離・ろ過技術

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP