未分類

【12月号】機能性甘味料の市場動向

reachin.jpg

 健康志向の高いヒトや肥満・メタボを気にする人はもちろんだが、最近は一般的な消費者も「おいしいものは食べたいけど余分なカロリーは摂りたくない」と考える傾向にある。そのためゼロ・低カロリー製品は、製品ラインアップのひとつとして市場に定着をみた。製品設計に利用される高甘味度甘味料の動きも良い。

 加えて、オリゴ糖は安定的な需要を持ち機能性では高い認知度を誇り、糖アルコールはさらなる市場拡大に問題はあるものの、加工食品では基本的な原料として使われている。さらに最近では様々な機能性を訴求した糖類が続々と登場し、バラエティに富んだ顔ぶれとなっている。本稿では様々な機能性甘味料の動向やサプライヤーの動きを探っていく。


<主な機能性甘味料サプライヤー>

cafetime.jpg

【オリゴ糖】

塩水港精糖

サントリーウエルネス

日新カップ

日本食品化工

日本製紙ケミカル

日本甜菜製糖

明治フードマテリア

ヤクルト薬品工業

【糖アルコール】

カーギルジャパン

サンブライト

三井製糖

三菱化学フーズ

【高甘味度甘味料】

味の素

カーギルジャパン

キリン協和フーズ

研光通商

三栄源エフ・エフ・アイ

DSP五協フード&ケミカル

東洋精糖

日本製紙ケミカル

三井製糖

【機能性甘味料】

イデアプロモーション

松谷化学工業

三井製糖

ミツバ貿易

関連記事

  1. 【7月号】美容・アンチエイジング食品素材の市場動向
  2. 【8月号】食品産業における搬送技術の最新動向
  3. プロバイオティクス・プレバイオティクス素材の市場動向
  4. 新素材レポート
  5. 機能性甘味料の最新市場動向
  6. 市場拡大が期待される各種膜システムの開発動向
  7. 【支援技術】食品産業における搬送技術の最新動向
  8. クローズアップ

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP