未分類

【6月号】ゲル化・増粘安定剤の市場動向

jelly.jpg

 これまでも天候不順などで原料高騰の波があったゲル化・増粘安定剤だが、今年に入ってのグァーガム高騰は市場に大きな変化をもたらしそうな大波だ。グァーガムはもともと安価で様々な食品の増粘用途に使われていたが、シェールガスの採掘で使われるようになり、急激な高騰に見舞われた。もはや食品で使えるレベルではなくなっており、代替品への検討が進む。それにつられてローカストやキサンタンなど代替品の価格高騰も予想される。今後は他の原料も含め、いかに原料を安定的に確保していくかが大きなポイントとなろう。本稿では最新の原料事情とサプライヤーの動向を紹介する。

関連記事

  1. 海外開発トピックス
  2. 食品開発展と同時開催「東京国際包装展」閉幕
  3. 【市場動向】多量・微量ミネラル素材の市場動向
  4. 【素材レポ】カンカエキスのマウスリンパ細胞機能に及ぼす影響
  5. 【新技術レポート】APV Flex-Mixインスタント
  6. ATPふきとり検査法の最新動向
  7. クロマト分析装置の開発動向
  8. 【支援技術】食品工場の清浄化とエアコントロール

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP