未分類

クロマト分析技術の最新動向

食品の健康志向、安全志向の高まりで、以前にも増して微量栄養成分、食品添加物、残留農薬などの成分情報を求める声は高まり、それに伴いクロマト分析技術の利用場面が拡がっている。クロマトは、以前から食品分析で多用されている技術だが、近年の迅速、簡便、高感度分析のニーズを受け、前処理技術の改良、検出器の開発、カラムの性能アップ、さらにMSとの組み合わせなど様々な技術の進展が見られるようになっている。本稿では最新のクロマト分析技術の動向を見ていく。


●クロマト分析技術・機器の注目企業1
関東化学
ジーエルサイエンス
島津製作所
東亜ディーケーケー
東ソー
日本ダイオネクス
野村化学
日立ハイテクノロジーズ
横河アナリティカルシステムズ

●クロマト分析技術・機器の注目企業2
ワイエムシィ
和光純薬工業

関連記事

  1. 【5月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(31)
    機能…
  2. 【支援技術】食品業界における環境対策イノベーションの最新動向
  3. キノコ由来素材の市場動向
  4. 【11月号】フレーバー 今年の注目点と2012年への提案
  5. 【支援技術】食品産業におけるオゾンの利用動向
  6. 【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究3 (受託製造)
  7. 米国でのトランス脂肪酸騒動に思う
  8. 【12月号】高付価値化と環境対策で用途拡がる乾燥技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP