未分類

食品産業における温度管理技術の最新動向

食品の製造工程において、温度情報は微生物制御と品質管理の観点から見逃せないモニタリング項目である。さらに昨今問題視されることの多い食の安全性を確保する上で導入が進むトレーサビリティシステムにおいても、物流工程や保管場所などにおける温度計測とその記録が重要なウエイトを占めている。 各現場事情にあった機器が求められるようになり、機器メーカーの対応も多様化の一途を辿る一方で、温度測定値の正確さや信憑性、キャリブレーションの信頼性なども問われ始めている。加えて無人および遠隔での温度管理やデータ収集ニーズも高まっており、インフラが急速に進んでいるIT活用を前提としたデータロガー、温度コレクター、ソフトウェアの開発も進んでいる。本稿では、各社の温度計の開発状況と温度管理におけるIT活用の現状を見ていく。


●注目のスポーツフードサプライヤー1
ティアンドデイ
横浜ゴム
藤田電機製作所
オプテックス
西華産業
プランシュール・ジャパン
プラントサービス
三洋コマーシャル販売

関連記事

  1. 【市場動向】ポリフェノール食品・素材の市場動向
  2. 食品業界における環境対策
  3. 食品産業のための洗浄・除菌剤とその技術
  4. 【品質・安全対策】FOOD ITソリューションの最新動向
  5. 鮮度保持に欠かせない冷凍・解凍技術の最新動向
  6. 【分析計測】水分の分析計測技術の最新動向
  7. 国境を越えたリスクにどう対処するのか
  8. グローバル化する食品素材ビジネスを実感

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP