未分類

食品産業における温度管理技術の最新動向

食品の製造過程から物流工程および保管に至るまで、温度情報は微生物制御と品質管理の観点から見逃せないモニタリング項目といえ、以前にもまして各工程における温度計測と、その記録の重要度は増している。 各現場事情にあった機器が求められるようになり、機器メーカーの対応も多様化の一途を辿る一方で、温度測定値の正確さや信憑性、キャリブレーションの信頼性なども問われ始めている。加えて無人および遠隔での温度管理やデータ収集ニーズも高まっており、インフラが急速に進んでいるIT活用を前提としたデータロガー、温度コレクター、ソフトウェアの開発も進んでいる。本稿では、温度管理のための各種ハード・ソフトの開発状況と活用事例などを紹介する。


●有力膜システム・分離濾過メーカー
日本ミリポア
日本ガイシ
インベンシスシステムス
富士写真フイルム
日本ノリット
アクアテクノロジー
旭化成
トクヤマ
旭硝子エンジニアリング

●有力膜システム・分離濾過メーカー
東京特殊電線
荒井鉄工所
ウェルシイ
アルファラバル
三菱化工機
日本錬水

関連記事

  1. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  2. 食品の健全な表示を確保するために
  3. 【品質・安全】食品品質を左右する温度管理技術
  4. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  5. 【素材レポ】学習機能改善、抗ストレス素材としてのCBEX
  6. クローズアップ
  7. 【食工展企画】FOOMA JAPAN 2009 国際食品工業展
  8. 海外開発トピックス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP