未分類

美容食品素材(美肌)の開発動向

肌の潤い保持や紫外線からの皮膚のトラブル防御などの“美肌”をコンセプトにした美容食品が注目を浴びている。通販系・化粧品メーカーもとより、一般食品・飲料においても「美肌・美白」をコンセプトにした商品がここにきて増加している。素材としては、ビタミンC、B、E、コラーゲンなどが以前から美容食品に利用されてきたが、最近ではコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチン、植物抽出物などの多くの素材が利用されている。 体の外側からのスキンケアのみならず、体の内側から自らの良さを引き出す、つまり日々の摂食から健康的な美しさを求める女性のニーズが高まってきたからであろう。 本稿では、美容食品の設計で軸となる素材の開発・利用動向をみていく。


●美肌訴求素材サプライヤー
・日本油脂
・ユニチカ
・エル・エスコーポレーション
・新田ゼラチン
・ユニテックフーズ
・バイオケム
・エフアイコーポレーション
・白子

関連記事

  1. 【8月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(8)
    食品…
  2. 【素材レポ】無臭ニンニク抽出物の抗血栓作用
  3. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う
  4. 市場拡大が期待される各種膜システムの開発動向
  5. 迷走する健康食品の安全性ガイドライン
  6. ユベリ博士の独創的ダイエット論<15>
  7. 【分析計測】最新のクロマト分離分析・質量分析技術
  8. 【分析・計測】電子天びんの最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP