未分類

食品機械用潤滑剤の開発動向

HACCP運用上で金属片、毛髪、虫・小動物などの異物混入・残留防止対策は、各食品製造施設・事業所において日常に行われている。しかし製造機械に使用する潤滑油・グリースなどが異物混入問題になりうることや、その物性の安全性への配慮が行き届いているかというと答えは「NO」である。わが国の食品衛生法では製造機械からそのようなものは混入しないという前提で規制が作られているからである。しかしながら潤滑剤の混入自己じゃ数々報告されているようだ。
本稿では、食品機械用潤滑剤の認証機関であるNSFのノンフードコンパウンド登録担当のマネージャー矢野健治氏の寄稿と潤滑剤取り扱う企業動向についてみていく。


●注目の食品機械用潤滑剤サプライヤー
NOKクリューバー
レッドアンドイエロー
(昭和シェルグループ)

サン・マリンディーゼル
コスモ石油ルブリカンツ
住鉱潤滑剤
ダイゾー・ニチモリ事業部
ルブリプレート
NSF International(English)

関連記事

  1. 機能性甘味料の最新利用動向
  2. 産学官連携のための地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研…
  3. 編集部から
  4. 【素材レポ】アガロオリゴ糖の関節炎抑制作用
  5. 【10月号】安全性(危害物質)の受託検査サービス
  6. 【8月号】Food ITソリューションの最新動向
  7. 【1月号】食用塩の市場動向
  8. 編集部から

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP