未分類

多様化・高度化が進む食品分野での分離・濾過技術


分離・濾過技術は、飲料や乳製品を始め、調味料、糖類、発酵食品など、食品産業の様々な製造プロセスで使用されており、目的成分の分離抽出や回収、精製のほか、細菌の除去、異物除去・除菌等の目的でも幅広く活用されている。ここ数年は、水質総量規制や食品リサイクル法などの施行に伴って、排水処理分野での活用も活発化し、浄水場でも膜分離技術を採用する動きが広がっている。本稿では、多様化・高度化する分離・濾過技術の最近の話題を探るとともに、関連各社の現況と最新動向を紹介する。
●食品の分離・濾過に貢献する有力メーカー
日本ミリポア
インベンシスシステムス
クラレ
富士写真フイルム
トクヤマ
東京特殊電線
ウエストファリアセパレーター
アルファ・ラバル
三菱化工機

関連記事

  1. 【10月号】食品事項対策のための検査サービス最新動向
  2. 【品質安全】食品安全マネジメントシステムISO22000導入の動…
  3. 製品回収と詫び広告が免罪符になっていないか
  4. 【品質安全】食品品質のカギを握る温度管理技術
  5. 【品質・安全対策】品質・安全管理のためのモニタリング機器
  6. 海外開発トピックス
  7. 美容食品素材(美白)の開発動向
  8. 異物混入対策と防虫・防塵対策ソリューション

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP