未分類

食品の安全対策と検査技術

近年、食品の安全性を脅かす事故が相次ぎ食品の安全性への消費者の関心がこれまでになく高まっている。わが国ではこの十数年、輸入食品や原料の輸入率が徐々に高まり、最近は価格破壊が進行して、食をとり巻く環境も大きく変わってきている。食のグローバル化に伴って、これまで国内だけで通用してきた安全性に関する規制や基準、商習慣に歪みがでて様々な問題も出てきている。こうした潮流を受けて厚生労働省や農林水産省も食品安全行政の強化を打ち出してきている。
本稿では食の安全性に関する行政の動向と、残留農薬、抗生物質、環境ホルモン、GMOなどの分析技術にスポットをあて、その最新技術について紹介する。


●注目の企業
アズマックス
ファスマック
和光純薬工業

関連記事

  1. 【12月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(38)
    機…
  2. 【支援技術】食品産業の粉粒体技術
  3. 今週の食人(Shoku-Nin)シリーズ1
  4. 【市場動向】機能性甘味料の市場動向
  5. 【11月号】ニーズが高まる肝機能改善素材
  6. 【品質・安全】食品表示ミスを防ぎ適正表示をするためのサポートツー…
  7. 【支援技術】食品製造プロセス&環境対策で用途拡がる分離・濾過技術…
  8. 異物混入対策と防虫・防塵対策ソリューション

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP