未分類

【1月号】簡易・迅速微生物検査法の開発動向

 近年は、かつて国内の食中毒事故のトップを占めたサルモネラや腸炎ビブリオによる事故は減少しているが、ノロウイルスはここにきて急増しており、O157も断続的に発生している。またカンピロやウェルシュによる事故もくすぶっており、食品業界は安全対策として微生物検査は気を抜けない。


 食中毒だけでなく、変質・変敗といった微生物が関わる事故を防ぐためには、環境の日常検査と原料の受け入れ検査、製品の出荷前検査が重要で、それには迅速にスクリーニングができる簡易・迅速法を自社の製品特性に合わせて効率よく取り入れるかが重要になってくる。また、万が一事故が起こってしまった場合には、原因菌を迅速に特定して処理に当たることが必要だ。本稿では自主検査に拡がる微生物の簡易・迅速検査法について、開発動向を見ていく。





<注目の簡易・迅速微生物検査機器・資材メーカー>

 ・アヅマックス
 ・池田理化
 ・エア・ブラウン
 ・栄研化学
 ・関東化学
 ・極東製薬工業
 ・サン化学
 ・GSIクレオス
 ・シスメックス・ビオメリュー
 ・チッソ
 ・テイエフビー
 ・日水製薬
 ・ニッタ
 ・ライフテクノロジーズジャパン 





関連記事

  1. 海外開発トピックス
  2. 【9月号】スーパーフルーツ素材の市場動向
  3. 【市場動向】スポーツフード・抗疲労素材の市場動向
  4. 食品産業における異物混入対策
  5. 【支援技術】X線異物検出装置と金属・毛髪検出機の最新動向
  6. 【品質安全】食品安全性検査の受託試験サービス
  7. 高まる食品の安全性議論と安全性の受託検査サービス
  8. 【9月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(35)
    機能…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP