未分類

高機能化する粉砕・造粒・乾燥技術

食品開発にとって粉砕・造粒・乾燥技術は欠くことのできない重要技術のひとつである。特に近年は素材の複合化、微粒化、成分の劣化を極力抑える乾燥技術など、高度な技術が要求され、医療、ファイン化学分野からの技術導入も進んでいる。食品工場ではHACCP/GMPの導入も進んでいるものの、品質安定のためには、異物混入問題に至るまでクリアすべき課題は多い。あわせて装置メーカーに対しても、これらの問題への対応が迫られている。本稿では粉砕・造粒・乾燥技術の最新動向を紹介していく。


●注目される企業
・奈良機械製作所
・静岡製機
・フロイント産業
・ヴィアノーベ
・日本バイオコン
・大川原化工機
・大川原製作所
・パウダリングジャパン

関連記事

  1. 【市場動向】茶素材の開発と市場動向
  2. 【特別レポ】チア・シード
  3. 【7月号】電子天びんの最新動向
  4. ペットフード安全法施行とペット事情
  5. 【品質・安全】食品品質管理システムと表示・記録関連技術
  6. ATPふきとり検査法の最新動向
  7. 機能性甘味料の最新利用動向
  8. 【品質・安全】自主検査に拡がる簡易・迅速微生物検査法の開発動向

おすすめリンク先

PAGE TOP