未分類

高機能化する粉砕・造粒・乾燥技術

食品開発にとって粉砕・造粒・乾燥技術は欠くことのできない重要技術のひとつである。特に近年は素材の複合化、微粒化、成分の劣化を極力抑える乾燥技術など、高度な技術が要求され、医療、ファイン化学分野からの技術導入も進んでいる。食品工場ではHACCP/GMPの導入も進んでいるものの、品質安定のためには、異物混入問題に至るまでクリアすべき課題は多い。あわせて装置メーカーに対しても、これらの問題への対応が迫られている。本稿では粉砕・造粒・乾燥技術の最新動向を紹介していく。


●注目される企業
・奈良機械製作所
・静岡製機
・フロイント産業
・ヴィアノーベ
・日本バイオコン
・大川原化工機
・大川原製作所
・パウダリングジャパン

関連記事

  1. 高度化する食品産業の粉粒体技術
  2. 【6月号】食品粉粒体技術の最新動向
  3. 【2月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(2)
    食品…
  4. 食品安全に欠かせない温度管理技術
  5. 【1月号】食品分野における抗酸化能測定技術の最新動向
  6. 【品質・安全】Food IT ソリューションの最新動向
  7. 【特別レポ】ヘルスクレームをめぐる国際状況
  8. 海外開発トピックス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP