未分類

ミネラル市場の最新動向

わが国のミネラル摂取に関しての指針では、従来から摂取基準が設けられていたカルシウムと鉄に加え、第6次改訂栄養所要量では、銅、ヨウ素、マンガン、セレン、亜鉛、クロム、モリブデンの7種類の微量ミネラルについて摂取基準が設けられている。また、昨年策定された「日本人の食事摂取基準(2005年版)」では指標が細分化され、ミネラル摂取についてより詳細で具体的な指標が設けられた。
厚生労働省ではマグネシウム、亜鉛、銅を栄養機能食品対象素材に追加、マグネシウム素材3品目の使用解禁、グルコン酸亜鉛・銅の使用基準拡大などを行ってきている。
このような動きの中、各種ミネラル素材の市場規模は変化しているのだろうか? 
ミネラル素材について個別にみていきながら、各サプライヤーの動向を中心に素材の動きを探っていく。


主なミネラルサプライヤー
宇部マテリアルズ
エーザイフード・ケミカル
江崎グリコ
エスケーフーヅ
エヌ・シー・コーポレーション
大蔵製薬ヘルスウェイ事業部
カワイ
キユーピータマゴ
協和発酵工業
協和化学工業
昭和化工
白石カルシウム
セティ
太陽化学
富田製薬
日本バイオコン
日本ベーリンガーインゲルハイム
パイン・メディテック
ピューラック・ジャパン
フジッコ
扶桑化学工業
北海道共同石灰
マリーンバイオ
三輪製薬
武蔵野化学研究所
明治フードマテリア

関連記事

  1. 天然調味料の市場動向(畜肉・水産・野菜エキス)
  2. 【市場動向】ゲル化・増粘安定剤の市場動向
  3. ●ウォルマート上陸のもたらすもの
  4. イズミ食品の埼玉工場が完成、開所式行う
  5. CLOSE UP
  6. 【市場動向】有機酸市場の最新動向
  7. 【分析・計測】電子天びんの最新動向
  8. クローズアップ

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP