未分類

ビタミン市場の最新動向

わが国のビタミン市場は、これまでC、Eを中心に市場が形成されてきたが、昨今のアンチエイジングブームもあいまって、“皮膚や粘膜の健康維持”の栄養機能表示ができるビオチン、パントテン酸、ナイアシンなどビタミンB群が美容素材として積極的に利用されるようになった。また、ルテイン、アスタキサンチンやヘスペリジンといった新顔ビタミンが、市場全体を活性化する有力素材として注目を集めている。
一方、原料市場については、中国ビタミンメーカーが生産能力・技術に磨きをかけ、日本のみならず世界市場で勢力を拡大しており、ビタミンバルクの競争は熾烈を極めるものとなっている。
本稿では、ビタミン強化食品市場の現状と各種ビタミン素材の利用動向、さらにそれらを取り巻く国内外の環境についてみていく。


主なビタミンサプライヤー
エーザイフード・ケミカル
江崎グリコ
協和発酵工業
ケイ・アイ化成
ケミンジャパン
コグニスジャパン
J-オイルミルズ
築野食品工業
DSMニュートリションジャパン
東洋酵素化学
東洋精糖
ニチレイバイオサイエンス
BASFジャパン
富士化学工業
マリーンバイオ
横浜油脂工業
丸栄トレーディング
ライコレッドジャパン
理研ビタミン

関連記事

  1. 【技術レポ】汚泥減容効果で産廃費用低減
  2. 【支援技術】食品工場における臭気対策とエアコントロール
  3. CLOSE UP
  4. 【9月号】食品工場の洗浄除菌剤・防虫資材と清浄度キット
  5. 「条件付トクホ」のハードルやいかに
  6. 【支援技術】食品の高品質化・環境対策で利用進む乾燥技術
  7. ●ウォルマート上陸のもたらすもの
  8. 食品産業のための洗浄・除菌剤とその技術

おすすめリンク先

PAGE TOP