未分類

食品工場のクリーン化とエアコントロール

食品製造施設では、生産品目の増加等に伴う増築や改修により、清浄度区分が不明確で、作業動線が明確でないことから交差汚染が起こっていることが、これまでしばしばみられた。ここ数年のHACCP導入の動きにより、ゾーニングによる清浄度区分の構築も進み、交差汚染への対策も取られてきているが、高まる品質要求に対してのクリーン化対策は万全であろうか。
 本稿では食品工場における清潔作業空間構築のための機器と清浄度管理技術の最新動向についてみていく。


■食品工場のクリーン化に貢献する関連企業■
ダイキン工業
http://www.daikin.co.jp/
ダイダン
http://www.daidan.co.jp/
中外エアシステム
http://www.casco-jp.com/
日本カノマックス
http://www.kanomax.co.jp/

関連記事

  1. 【9月号のおすすめ】脳機能を高める注目の素材
  2. 【4月号】におい・味・テクスチャー・色の客観評価を目指して
  3. 【1月号】食品分野における抗酸化能測定技術の最新動向
  4. 「ホールフーズ」などに見る米国小売業の挑戦
  5. 海外開発トピックス
  6. 【7月号】抗メタボ・ダイエット素材の市場動向
  7. CLOSE UP
  8. 今、注目される穀類素材

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP