未分類

【市場動向】たん白・ペプチド素材の市場動向

~厳しさ増す原料事情、開発進む機能性製品~


世界的な乳製品の需給バランスの変化による原料ホエイの価格高騰、バイオエタノールの影響による穀物原料価格の高騰、エネルギーコストの上昇などを背景に、各種たん白素材が高騰している。
本稿では、各たん白・ペプチド素材の最新動向を原料事情やサプライヤーの開発状況、利用状況を交えながら探る。
<主なサプライヤー>
アーラフーズイングレディエンツジャパン
アサマ化成
エー・ディー・エム・ファーイースト
奥野製薬工業
オルガノ
岸本産業
キユーピータマゴ
光洋商会
CBC
タツア・ジャパン
日成共益
フォンテラジャパン
フジプロテインテクノロジー
メグレ・ジャパン

関連記事

  1. IFT食品素材見本市2011にみる米国産業のトレンド
  2. 【品質安全】最新の食品成分分析技術―公定法VS迅速・環境対応法―…
  3. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  4. 『食の祭典・技術の集結』をテーマに国際食品工業展開催
  5. 【支援技術】食品産業における搬送技術の最新動向
  6. 【新素材レポ】グルコサミンの最新機能研究情報と安全性
  7. 【新技術レポ】スプレードライヤーの基礎知識と熱風乾燥理論の活用法…
  8. 海外開発トピックス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP