未分類

【市場動向】有機酸市場の最新動向

~先高観強い原料事情~


 クエン酸、乳酸、酒石酸等の有機酸は、食品の酸味付け、味の調整、日持向上、pH調整などを目的に幅広く用いられており、今や食品を開発するうえで欠かせない存在となっている。とうもろこしやタピオカなど穀物相場の上昇や原料無水マレイン酸の高値推移などが影響し、各種有機酸の値上げが本格化してきたことから、本稿では食品分野における有機酸の価格動向を中心に最新の市場動向を取り上げる。
<主なサプライヤー>
昭和化工
扶桑化学工業
武蔵野化学研究所

関連記事

  1. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  2. 海外開発トピックス
  3. 【11月号】食用色素の市場動向
  4. 【健康素材】関節サポート素材、新たなステージへ
  5. 海外開発トピックス
  6. 【支援技術】食の安全を守るための異物混入防止対策
  7. CLOSE UP
  8. NEWS ARCHIVES

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP