未分類

【健康素材】大豆食品、大豆由来機能素材の市場動向

 


 上限値問題で揺れた大豆イソフラボン市場だが、今年に入り市場はかなり回復してきている。それは大豆イソフラボンがもつ有用性についての正しい理解が進んでいることも一因であろう。イソフラボンに限らず大豆食品を摂取することが、人々の健康に大きなメリットをもたらすということは、さらに啓蒙していかなければならない点だ。生活習慣病対策の点からみても、大豆成分の機能性や推奨摂取量などの対する情報提供と、摂取しやすい形態を提案しながら市場を広めていく必要性は高い。
本稿では改めて大豆由来機能性素材の市場動向、研究動向、各社の素材についてみていく。
<主なサプライヤー>
素材機能研究所
光洋商会
セーフテック・インターナショナル
大和薬品
タマ生化学
日本生物.科学研究所
不二製油
フジッコ

関連記事

  1. 【N-tecレポ】安全性・有用性の受託試験
  2. クローズアップ
  3. 抗酸化能の簡易迅速測定法
  4. 【品質安全】食品表示改ざん防止と表示ミスを防ぐ印字装置・印字検査…
  5. 特定健診制度とトクホ、健康食品
  6. 【4月号】食品の付加価値を高める分離・ろ過技術
  7. 角を矯めて牛を殺す―何度この諺を引用したことか
  8. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP