未分類

地域農産物活用のためのこう機能食品開発プロジェクトを追う

<シリーズ16>

大分県産ハーブ類の機能性研究への取り組みについて

大分県産業科学技術センター 食品産業担当  山本 展久


主な内容
1.これまでの経緯
2.研究開発体制
3.機能性研究での成果
 (1)骨粗鬆症予防効果
 (2)抗酸化効果
 (3)生体に近い系での抗酸化効果
 (4)血液凝固抑制効果
4.これから

関連記事

  1. 油脂劣化のチェック機器・資材
  2. オーブン内ガス検知の結露問題を解決する独自の検知技術による「食品…
  3. 【8月号】今後の鍵を握る「メタボ対応とダイエット食品」市場動向
  4. 【特別企画】2007国際食品工業展
  5. 天然調味料市場動向1
  6. クローズアップ
  7. 【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究2
  8. 【12月号】変わる食品表示と印字・記録関連技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP