未分類

ビタミンの最新市場動向

消費者の健康志向を背景に市場を広げてきたビタミン類。C、Eを中心に市場形成が進んでいるが、その他のビタミンについての消費者認知度は乏しく、健康食品の先進国である米国などからみると、まだ市場規模は小さい。
しかし、ビタミン市場拡大へのネックとなっていた食薬区分について、制限付きながら形状及び表示規制が緩和され、また第6次改定栄養所要量ではビタミンK、葉酸など6種類のビタミンの摂取基準が新たに設けられた。
さらに作年4月から施行された保健機能食品制度では、計12種類のビタミンに栄養機能食品としての成分量規格基準が設定され、この基準をクリアすれば食品の形態を問わずに栄養機能表示ができることとなった。


●注目のビタミン素材企業
・エー・ディー・エム・ファーイースト(株)
三共(株)
・BASF武田ビタミン(株)
(株)ホーネンコーポレーション
・(株)ムサシテクノケミカル
理研ビタミン(株)
ロシュ・ビタミン・ジャパン(株)

関連記事

  1. ユーザーニーズに応える分析試験
  2. 企業の農業ビジネス参入は安全・環境・資源対策の流れを作るか
  3. 海外開発トピックス
  4. 食品産業における悪臭対策と脱臭システム
  5. 【品質・安全】変わる食品表示と印字・記録関連技術
  6. 【臨時増刊】「機能性食品の展望」を年間購読で差し上げます!
  7. 【1月号連載】技術シリーズ1 分離・精製による素材開発・製品改良…
  8. 【8月号】食品産業における搬送技術の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP