未分類

【品質安全】食品安全性検査の受託試験サービス


昨年は食肉の偽装事件で遺伝子レベルの検査の需要が急増し、今年は年初から中国産餃子の農薬混入事故で幕を開け、加工食品の残留農薬分析が急増するなど、食品メーカーの自主検査や公的機関の受託分析だけでは、増加する食品の検査需要が担えなくなってきており、民間の受託検査機関の活躍の場が増えている。
危害物質というと以前は主に食中毒菌がターゲットだったが、最近は残留農薬などのケミカルハザードやアレルゲンなどの特定原材料の検査も求められ検査項目は増える一方である。本稿では、ニーズの高まる受託検査サービスについて、民間の受託検査機関の動きをみていく。
<主な受託試験機関>
三井化学分析センター
三菱化学メディエンス
住化分析センター
日本エコテック
食品分析開発センターSUNATEC
SGSジャパン
エスアールエル
日立協和エンジニアリング
ヒル・ラボラトリーズ・ジャパン
日本環境
ファスマック
オリエンタル酵母工業
JFEテクノリサーチ
環境衛生薬品
アグネ技術センター

関連記事

  1. 【品質・安全】食品品質管理システムと表示・記録関連技術
  2. 多価不飽和脂肪酸<n-3、n-6系>素材の市場動向
  3. ●価格破壊は王者のマーケティングか
  4. 【6月号】FOOMA JAPAN 2012(国際食品工業展)特別…
  5. 【市場動向】たん白・ペプチド素材の市場動向
  6. 【品質・安全】品質・安全管理のためのモニタリング機器
  7. 海外開発トピックス
  8. 【品質・安全】安全性(危害物質)の受託検査サービス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP