技術・機器の記事

高濃度廃水処理で国内実績150社のAT-BCシステムが公共事業向けとして販売開始

バチルテクノコーポレーションは、食品工場及び食肉解体施設など全国で150ヶ所以上の納入実績を持つBOD負荷軽減装置「AT-BCシステム」(写真)が、このほど公共下水処理場に向けて販売開始したと発表した。販売窓口は、これまで公共事業においてOEM契約を結んできた同社代理店の東芝インフラシステムズが担い、「Habuki」という製品名で販売展開を行っていく。

東芝インフラシステムズが公共事業向けに販売を行っていくこととなった背景には、バチルテクノコーポレーションがJICA「中小企業・SDGsビジネス支援事業/普及・実証・ビジネス化事業」において、インドでの1000㎥/dの下水プラントの建設、運転を行い、1年間通して良好な結果が得られたことが挙げられる。さらに日本上下水道事業団と東芝インフラシステムズの日本における約1年間の共同研究で良好な結果を得られた実績も後押しとなった。

インド実証(AT-BC装置) https://youtu.be/MktmRDQLiL8
国内下水実証(Habuki) https://youtu.be/hM6CjQ83J4U

AT-BCシステムは、曝気槽の前処理装置であるAT-BC装置(立体網状回転装置)と「バチルス菌」を組み合わせることにより、有機系の高濃度廃水処理に高い効果を発揮するシステム。曝気槽前段で65%以上のBODを除去できるので、後段の曝気槽の微生物に供給するエアー量はおよそ1/3程度に抑えられブロワーの動力を大幅に少なくする事ができる。余剰汚泥も活性汚泥法と比較すると30~40%ほど少なくランニングコストを大幅に削減したシステムの提案が可能となっている。


インドの実証プラント(バチルテクノコーポレーション)

関連記事

  1. 電解水セミナー HACCP制度化とJIS規格制定で普及拡大に弾み…
  2. 高品位・高速印字を実現 自動洗浄機能で省人化を支援
  3. Bluetoothでスマホやタブレットにデータ送信できる
  4. 日本市場での販売網拡大でセラミック膜の提携企業を募集
  5. 第14回電解水セミナー開催~食品衛生から医療現場、農業分野まで利…
  6. 「吸湿機能付きイージーピール蓋材」を開発
    吸湿機能で内容物…
  7. マイクロ波焙煎小麦を使用したコラボレーションビール完成~ミクロ電…
  8. 帳票ペーパーレス化で業務効率を向上
    HACCP支援のWeb…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP