未分類

【品質安全】原料油脂高騰で注目高まる油脂劣化の測定技術

 食用油脂の価格の高騰で、油脂を自主管理でチェックするための機器・資材の動きが今年になり急速に活発になっている。


昨年来、油脂の原料価格は、大豆、菜種、ひまわり油などいずれをとっても2~3倍の値上がりで、価格が下がる見込みの見えない高騰にユーザーは様々な対策を採らざるを得ない状況である。
 油脂類の酸化劣化物は、生態に害を及ぼすことはよく知られており、フライ油のように高温調理して使う油脂では、酸化劣化物の程度を常にチェックして使うことが製品品質の安定化と経済効果をもたらすことになる。とはいっても原料価格の安い時は、測定までして管理しなくても時期が来れば交換すればよかったが、ここにきてそうは言っていられない状況になってきた。
続きは食品と開発6月号本誌で!
【注目の油脂劣化測定機器取り扱いメーカー】
プランシュール・ジャパン
テストー
プライムテック

関連記事

  1. 乳化剤市場の最新動向
  2. 製品回収と詫び広告が免罪符になっていないか
  3. アジア最大の機能性素材、技術の展示会「食品開発展」盛況裡に閉幕
  4. 【市場動向】たん白・ペプチド素材の市場動向
  5. 地域農産物活性のための高機能食品開発プロジェクトを追う(東京都)…
  6. 除菌・脱臭・鮮度維持用とで利用が進む光触媒技術
  7. 【健康素材】海藻由来機能性素材の開発と利用
  8. 多様化する食品産業の粉粒体技術

おすすめリンク先

PAGE TOP