未分類

【市場動向】日持向上剤・保存料製剤

~原料価格上昇で厳しさ増す製剤市場~


食品の品質をいかに保つかという点を考えると、日持向上剤・保存料製剤は品質管理には欠かせないものといえる。食品の腐敗や劣化を抑え、シェルフライフを保証することで、商品の品質向上が可能となる。また、日持ちを伸ばすことによる流通コスト削減や消費期限切れによる廃棄処分品の削減にも繋がる。
原油価格高騰による様々なコスト上昇、原料の値上がりなどから製剤の値上げの必要性が高まっているものの、同様な機能を持つ製剤の多い市場であることから、競争は厳しく価格が上げられない状況もみられる。そのような中での、各原料サプライヤー・製剤メーカー各社の動きを探っていく。
<主な日持向上剤・保存料製剤取り扱い企業>
アサマ化成
上野製薬
エーザイフード・ケミカル
奥野製薬工業
タイショーテクノス
チッソ
日本新薬
ピューラック・ジャパン
丸善製薬
三菱化学フーズ
武蔵野化学研究所
メルシャン

関連記事

  1. 【6月号】ゲル化・増粘安定剤の市場動向
  2. ミネラルの最新市場動向
  3. 食品産業における温度管理技術の最新動向
  4. 【品質・安全】Food IT ソリューションの最新動向
  5. 【4月号】食品品質のカギを握る温度管理技術
  6. 海外開発トピックス
  7. 【2月号】食品加工用酵素の市場動向
  8. 【支援技術】食品産業におけるオゾンの利用動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP