腸内環境

  1. 森永乳業、ビフィズス菌がラクチュロースを利用する仕組みを解明

    森永乳業ではこのたび、京都大学の片山研究室および昭和女子大学の飯野研究室との共同研究により、ラクチュロースに関して以下の3点を解明したと報告した。1. ビフィズス菌の持っている基質結合タンパク質LT-SBPがラクチュロースの利用に関…

  2. 腸内細菌学会―会場とWebのハイブリッドで6月に開催

    (公財)腸内細菌学会は、6月に第25回腸内細菌学会学術集会を開催する。会場の開催とWeb開催(ライブ…

  3. グアーガム分解物は短鎖脂肪酸産生を介して自然免疫を賦活するという研究結果

    太陽化学と慶應義塾大学医学部医化学教室の津川仁専任講師、加部泰明准教授らの研究グループは、短鎖脂肪酸…

  4. 太陽化学、グアーガム分解物がアスリートのおなかの不調に有効であるという研究結果を発表

    太陽化学は、大妻女子大学家政学部食物学科 川口美喜子教授と同社による研究グループが、グアーガム分解物…

  5. 【2020年4月号】特集/次世代プロバイオティクス・プレバイオティクスの開発

    特集/次世代プロバイオティクス・プレバイオティクスの開発■次世代プロバイオティクスと今後の課題…

  6. シャンピニオンエキスは、アンモニア・p-クレゾールの減少により腸内環境を改善

  7. レジスタントスターチが腸内環境改善および骨密度低下の抑制に繋がる可能性

  8. 機能性食品開発のための知財戦略(16)
    食品用途発明の最新報告〈2019年1月特許公報発行/公開分〉『腸内環境改善』に関する用途発明

  9. 【2019年4月号・特集】食成分による腸内環境改善

  10. 物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始

おすすめリンク先

PAGE TOP