関連トピックス

森永乳業、ビフィズス菌がラクチュロースを利用する仕組みを解明

森永乳業ではこのたび、京都大学の片山研究室および昭和女子大学の飯野研究室との共同研究により、ラクチュロースに関して以下の3点を解明したと報告した。

1. ビフィズス菌の持っている基質結合タンパク質LT-SBPがラクチュロースの利用に関与していることを特定した。

2. 394名中353名(89%)の日本人腸内細菌叢からLT-SBP遺伝子が検出された。

3. 腸内細菌の有するLT-SBP遺伝子量の違いが、ラクチュロース摂取によるビフィズス菌増殖作用に影響することが判明した。

本研究成果から、多くの日本人はラクチュロースを利用できるビフィズス菌を腸内に保有していること、腸内細菌を事前に解析することで、ある程度ビフィズス菌の増殖作用の予測が可能であることが示唆された。本研究成果は、科学雑誌「Communications Biology」に 2021年5月10日に掲載された。

オリゴ糖の一種であるラクチュロースは、腸内のビフィズス菌を増やすことが知られていたが、その作用メカニズムは明らかにされていなかった。今回、ビフィズス菌がラクチュロースを利用する仕組みが解明され、ラクチュロースによるビフィズス菌の増殖作用に個人差が生じる理由の一端を明らかになった。今後、各個人の腸内細菌叢に適したプレバイオティクス素材を事前に予測し、選択できることが期待されると考えられた。

関連記事

  1. 食肉加工卸業「京都フードパック」を子会社化―ツルヤ化成工業
  2. テート&ライル社、CPケルコ社の買収を発表
  3. オノマトペ表現でゲル状食品の食感を解析
  4. Natural Products EXPO WEST 米国の自然…
  5. 知識の偏り(バイアス)を意識しながら情報発信することが大切―第4…
  6. 一丸ファルコス、SDGsに関するWebセミナーを4/20に開催
  7. パンのイメージ1位は「もちもち・もちっと・もっちり」―日本能率協…
  8. 豆乳 2022年1-3月期における豆乳類の生産量は96,285kL

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP