インバウンド

  1. 特集【関西受託マップ】国内屈指のインバウンド先進エリア 消費激戦区で活躍する関西受託メーカー

    伝統と新たな商流が融合する関西地域では、国内屈指のインバウンド先進エリアとしても知られる。健康食品や化粧品を含むライフサイエンス関連の集積地として新たな研究開発も活発だ。今回は、兵庫、大阪、京都、奈良―― の2府2県で活躍する受託メーカ…

  2. 特集【ハラルビジネス】25年ハラルブーム到来 !?

    ムスリムの訪日外国人観光客急増による要因で、インバウンド需要が年々拡大している日本のハラル市場。…

  3.  中国の転売規制影響も、DgSは店舗増で好調

    中国電子商務法による転売規制の影響が出始める中、1 月のドラッグストアの健康食品販売額は9 %増で、…

  4. 健康産業新聞ロゴ01

    2018年DgS健食販売額、2,200億円に

     経済産業省は1月30日に「商業動態統計速報」を発表、ドラッグストア(DgS)1万5,825店舗…

  5. 【2018年総括と2019年展望】―健食市場2%増の1.2兆円、青汁、プロテイン、健康茶など伸長

    2018年の健康食品市場は前年比1.7%増の1兆2,475億円に拡大した。特定保健用食品の6,500…

  6. 【2018上半期】「工場の人手」は?-化粧品受託製造企業を調査-

  7. 健康産業新聞1642_プラセンタ

    【特集】プラセンタ、美容素材の代表格に成長 -インバウンド需要が市場拡大に貢献-

  8. 健康産業新聞【健産抄】3000万人の訪日客も消費マーケットに

    【健産抄】3000万人の訪日客も消費マーケットに

  9. 【インタビュー】インバウンド需要の今後は? “ストーリー”でチャンス拡大

  10. 「経営良好」54%に改善、6割が輸出増  17年上半期・健食受託企業調査

PAGE TOP