注目の記事

米国の新製品、4品に1品が「グルテンフリー」

米国で2015年に製造された食品・飲料の新製品のうち、「アレルゲンフリー」表示の商品が28.6%、「グルテンフリー」が26.4%を占め、引き続き「○○フリー食品」の人気が伸びていることが、ミンテルの調査で分かった。


調査は、09年から15年にかけて、その年に製造された新製品のうち、「○○フリー」などといった表示の商品がどれだけ含まれるか分析したもの。
中でも近年の伸び率が高い・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. カゴメの機能性表示トマトジュース、前年比183%に
  2. 経団連が規制改革要望、原料原産地表示に懸念 「経営を圧迫」
  3. リバソン、乳酸菌やウコン抽出物など新原料5品上市
  4. 松本市、りんご「サンふじ」に機能性表示の可能性
  5. 不二製油、DHA・EPAの安定化に成功
  6. 日健栄協、来年3月に特保講習会
  7. DSM、機能性表示サポートで受理実績40以上
  8. 30日に「機能性表示」課題検討会、栄養成分で第2ラウンド
PAGE TOP