注目の記事

米国の新製品、4品に1品が「グルテンフリー」

米国で2015年に製造された食品・飲料の新製品のうち、「アレルゲンフリー」表示の商品が28.6%、「グルテンフリー」が26.4%を占め、引き続き「○○フリー食品」の人気が伸びていることが、ミンテルの調査で分かった。


調査は、09年から15年にかけて、その年に製造された新製品のうち、「○○フリー」などといった表示の商品がどれだけ含まれるか分析したもの。
中でも近年の伸び率が高い・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 東洋新薬、社内に熊本震災緊急対策本部を設置
  2. 食品産業センター、原料原産地表示で要望書 「中小企業は厳しい」
  3. 機能性表示980品に
  4. 総医研HD第1四半期、売上高88%増
  5. 明治、ヨーグルト飲料の生産能力増強 50億円投資
  6. 国セン、機能性表示食品制度で宿泊セミナー
  7. 九州薬品工業、青汁受託加工が急伸
  8. 消費者庁、健食等のネット監視で230社に改善要請
PAGE TOP