注目の記事

地方独自の機能性表示制度、要望強まる

全国各地域の食品高付加価値化による産業振興を目指す「食品機能性地方連絡会」(代表:小砂憲一氏)は14日、都内で会合を開き、北海道、新潟、沖縄、和歌山、静岡、高知から行政担当者らが参加した。


・・・
連絡会では、各自治体担当者らの間で活発な議論が行われ、国の機能性表示制度見直しで、地方自治体の代表委員を入れることを要望する声が上がった。
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 男の”サビ厄年”は40歳 アスタリール調査
  2. 日清ヨーク、マルチビタミンの乳酸菌飲料
  3. 特保で初の許可取り消し 日本サプリメントの6品
  4. 機能性表示412品に、プロテインケミカルが初受理
  5. 富士フィルム、中国の医薬品企業に出資
  6. 南さつま市、クラウドファンディング事業1号に長命草
  7. ユーグレナ市場規模、100億円突破
  8. 経産省、「健康経営」認定で申請受付
PAGE TOP