注目の記事

地方独自の機能性表示制度、要望強まる

全国各地域の食品高付加価値化による産業振興を目指す「食品機能性地方連絡会」(代表:小砂憲一氏)は14日、都内で会合を開き、北海道、新潟、沖縄、和歌山、静岡、高知から行政担当者らが参加した。


・・・
連絡会では、各自治体担当者らの間で活発な議論が行われ、国の機能性表示制度見直しで、地方自治体の代表委員を入れることを要望する声が上がった。
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. ルスロ社、牛骨ゼラチンの国内提案本格化
  2. 日健栄協、健食表示で相談事業 6月に試行開始
  3. 食品免疫学会、11月に都内で 「腸から健康を考える」
  4. 都が食品表示法で講習会、製造所固有記号など解説
  5. 健食GMP、輸出時も重要、日建栄協セミナー
  6. 帝人の大麦原料採用、都内レストランが新メニュー
  7. GUE社、スイスで人気のスーパーフード発売
  8. 機能性表示で農産物の売上増、もやし1.6倍 新たな価値訴求可能に…
PAGE TOP