注目の記事

機能性表示、15年度届出分をデータベースに移行 検索可能に

消費者庁は6日、2015年度に届出された機能性表示食品310品(届出撤回された6品を含む)について、今年度から運用を開始したデータベースに移行、検索が可能になったと発表した。


あわせて「機能性表示食品の届出情報検索」ページの二次元コードを作成したとして、活用を呼びかけた。
検索ページでは、届出日、商品名、食品の区分などで届出状況を確認することが可能。ある企業について現在・・・
(詳しくは6月7日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 機能性表示239品に、イオントップバリュが2品目
  2. 特保批判の週刊誌報道、有効性審査には「影響ない」
  3. 東洋新薬、愛媛県と共同研究 希少柑橘で新発見
  4. 特保4件許可、計1099品に
  5. 機能性表示、一瞬で伝わるわかりやすさ重要 BASF調査
  6. 「これからは米も機能性の時代」 エコ・ライス新潟、豊永氏
  7. チョコレートで女性の脳卒中リスク低下
  8. アサヒグループHD、発酵乳由来成分で認知機能改善
PAGE TOP