注目の記事

京大、健食・化粧品分野で初の包括連携 「2年以内の商品化目指す」

東洋新薬は29日、京都大学との連携協定に調印した。シーズ探索や共同研究だけでなく、京大が持つ特許の技術移転(ライセンシング)、京大発ベンチャーとの連携(アライアンス)などを盛り込んだ包括的な内容。

同社代表取締役社長の服部利光氏(写真左)は、「(協定の最初の期限である)2年以内に商品を上市したい」と意気込みを語り、大学単独では難しいスピード感を持った事業化に取り組む姿勢を明らかにした。

京大理事で産官学連携本部長を務める阿曽沼慎司氏(写真右)は、「共同研究にとどまらず、ライセンシングやアライアンスまで踏み込んだ内容。健食や化粧品分野でのこのような連携は初めて」としている。

関連記事

  1. 栄養ドリンクとエナジードリンク、支持率高いのは?
  2. 日本曹達、結合剤「セルニー」をウコン製剤化で提案
  3. 健康食品、軽減税率制度の対象に 国税庁がQ&A
  4. マツキヨ、pbサプリ好調
  5. 常盤植物、オーラルケア原料「ゲッケイジュ」の供給本格化
  6. 神奈川県17年度予算案、未病改善で7億円
  7. 通販大好き県、トップは東京 「スマホで通販」は1位沖縄
  8. JXエネルギー、アスタキサンチンで韓国デサンと契約
PAGE TOP