注目の記事

京大、健食・化粧品分野で初の包括連携 「2年以内の商品化目指す」

東洋新薬は29日、京都大学との連携協定に調印した。シーズ探索や共同研究だけでなく、京大が持つ特許の技術移転(ライセンシング)、京大発ベンチャーとの連携(アライアンス)などを盛り込んだ包括的な内容。

同社代表取締役社長の服部利光氏(写真左)は、「(協定の最初の期限である)2年以内に商品を上市したい」と意気込みを語り、大学単独では難しいスピード感を持った事業化に取り組む姿勢を明らかにした。

京大理事で産官学連携本部長を務める阿曽沼慎司氏(写真右)は、「共同研究にとどまらず、ライセンシングやアライアンスまで踏み込んだ内容。健食や化粧品分野でのこのような連携は初めて」としている。

関連記事

  1. ファンケル、化粧品工場にサプリ製造ライン 生産能力1.6倍に
  2. 薬健研シンポ、機能性表示食品「活用のチャンス」(堀氏)
  3. 農水省事業、21日に柑橘などの研究成果発表
  4. 「機能性表示」検討会、関与成分不明確なもの「管理可能」
  5. 通販協、折込チラシ600件を調査 25%に改善点
  6. ポーラ、美容健康食品を発売 油になじむVCを使用
  7. 米オーガニック市場、過去最高の433億ドルに
  8. アサヒグループHD、「乳酸菌と免疫」の関連で新知見
PAGE TOP