注目の記事

京大、健食・化粧品分野で初の包括連携 「2年以内の商品化目指す」

東洋新薬は29日、京都大学との連携協定に調印した。シーズ探索や共同研究だけでなく、京大が持つ特許の技術移転(ライセンシング)、京大発ベンチャーとの連携(アライアンス)などを盛り込んだ包括的な内容。

同社代表取締役社長の服部利光氏(写真左)は、「(協定の最初の期限である)2年以内に商品を上市したい」と意気込みを語り、大学単独では難しいスピード感を持った事業化に取り組む姿勢を明らかにした。

京大理事で産官学連携本部長を務める阿曽沼慎司氏(写真右)は、「共同研究にとどまらず、ライセンシングやアライアンスまで踏み込んだ内容。健食や化粧品分野でのこのような連携は初めて」としている。

関連記事

  1. アサヒグループ食品、スーパーフード配合のダイエット食品
  2. RJ公取協、機能性表示食品で健食団体と連携へ
  3. DHAが破骨細胞形成抑制、「抗ロコモ素材として期待」
  4. 全健協が総会、健食で調査研究実施
  5. ミナミ産業、大豆原料の提案強化
  6. 11月に香港でコスモプロフ、過去最高規模に
  7. 食品通販、6.3%増の3兆3768億円 矢野経済調査
  8. プラネット、抗ロコモサプリのOEMに注力
PAGE TOP