注目の記事

京大、健食・化粧品分野で初の包括連携 「2年以内の商品化目指す」

東洋新薬は29日、京都大学との連携協定に調印した。シーズ探索や共同研究だけでなく、京大が持つ特許の技術移転(ライセンシング)、京大発ベンチャーとの連携(アライアンス)などを盛り込んだ包括的な内容。

同社代表取締役社長の服部利光氏(写真左)は、「(協定の最初の期限である)2年以内に商品を上市したい」と意気込みを語り、大学単独では難しいスピード感を持った事業化に取り組む姿勢を明らかにした。

京大理事で産官学連携本部長を務める阿曽沼慎司氏(写真右)は、「共同研究にとどまらず、ライセンシングやアライアンスまで踏み込んだ内容。健食や化粧品分野でのこのような連携は初めて」としている。

関連記事

  1. 神戸製鋼グループ、独自ユーグレナのOEM開始 「20年までに20…
  2. 北海道経産局、特商法違反で健食企業に行政処分
  3. 食品科学工学会、25日から名古屋で 蜂産品でシンポも
  4. 大正製薬、ベトナム製薬大手と資本提携契約 サプリ展開も
  5. 今年のがん罹患数予測、100万例超に 死亡は37万人
  6. 梅丹本舗、ドーピング禁止物質含有商品で方針決定
  7. 築野食品工業、開発展で「フィチン酸」「γ‐オリザノール」
  8. 米国素材を介護食に 米大使館がセミナー
PAGE TOP