注目の記事

京大、健食・化粧品分野で初の包括連携 「2年以内の商品化目指す」

東洋新薬は29日、京都大学との連携協定に調印した。シーズ探索や共同研究だけでなく、京大が持つ特許の技術移転(ライセンシング)、京大発ベンチャーとの連携(アライアンス)などを盛り込んだ包括的な内容。

同社代表取締役社長の服部利光氏(写真左)は、「(協定の最初の期限である)2年以内に商品を上市したい」と意気込みを語り、大学単独では難しいスピード感を持った事業化に取り組む姿勢を明らかにした。

京大理事で産官学連携本部長を務める阿曽沼慎司氏(写真右)は、「共同研究にとどまらず、ライセンシングやアライアンスまで踏み込んだ内容。健食や化粧品分野でのこのような連携は初めて」としている。

関連記事

  1. ランセット委員会、認知症リスク要因の35%は生活習慣
  2. 東農大、微細藻類講演に1200人 ドナリエラで国際研究
  3. ユーグレナ市場規模、100億円突破
  4. ポリフェノール学会、8月に都内で
  5. JARO上半期審査概況、健康食品の苦情47%増
  6. 森永乳業、ヨーグルトで米国市場参入
  7. ホシケミカルズ、沖縄工場の保税工場化に着手
  8. FDA、新栄養成分表示で企業向けリソース
PAGE TOP