注目の記事

薬健研シンポ、機能性表示食品「活用のチャンス」(堀氏)

薬業健康食品研究会は3日、都内でシンポジウムを開き、吉岡一彦氏が会長に就任したことを発表した。


シンポジウムでは、経済産業省ヘルスケア産業課長の江崎禎英氏が次世代ヘルスケア産業の創出をテーマに講演した。江崎氏は、がんやアルツハイマー病、糖尿病などの年間1.7兆円の薬剤費のうち、約1.1兆円が効果のないものと推定されると説明。「平均寿命・・・
続いて医薬情報研究所エス・アイ・シーの堀美智子氏が、機能性表示食品が直面・・・
(詳しくは6月7日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 経済格差、子どもの食事内容に影響
  2. 公知貿易、国内搾油のチアシードオイル供給開始
  3. 都が食品表示法で講習会、製造所固有記号など解説
  4. 機能性表示730品、日本薬品開発など初受理
  5. 兵庫県支援事業、バジルで機能性表示狙う
  6. AHCC研究会が市民公開講座、100人が参加
  7. 機能性表示制度、ガイドライン改正へ どうなる遡及適用
  8. 富士フィルム、中国の医薬品企業に出資
PAGE TOP